ドメイン変更後にやるべきリダイレクト設定【Xserverなら超簡単】

301リダイレクト ブログ・WordPress
新人ブロガーさん
ドメイン変更の後なんとか新しいサイトにデータ移行できたけど、
古いサイトからの転送処理はどうすればいいんだろう?
ネットで調べてみたけど、「301リダイレクト」とか「.htaccess」とか
よく分からないなぁ。。

 

新人Xserverユーザーさんのこんな疑問にお答えします。

 

この記事では...
  • Xserverを利用している場合のサイト移転設定のやり方がわかります

 

本日は、Xserver利用者がドメイン変更後にするべき「サイト移転設定」について画像付きで
解説します。

早速内容に入っていきましょう。

 

リダイレクト設定のハードル

 

何とかググりながらWord Pressでブログを開設できたものの、最初にあんまりよく考えずにドメインを取得してしまうケースってありませんか?

記事が少しずつ増えてくるにつれて、ブログの名前や方向性に合わせてドメインを変えたくなってきたりします。

実際、僕もブログを始めてしばらくたってから、当初取得したドメインを変更したくなり、新しいドメインを取得して何とか新しいURLに移行しました。
(こちらのやり方についても後日解説します。)

ただ、その後のリダイレクト設定でつまずいてしまいました。

 

調べても、「301リダイレクト」「302リダイレクト」「.htaccessファイル」

ブログ始めたばかりの人には「???」って感じですね。

 

場合によってはコードを扱う必要があるので、ハードル高めです。

でも、「Xserver」を使っている人なら、この設定は超簡単です。

 

今回は僕と同じ疑問を持たれた人向けの記事です。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

サイト引越し後にすべき301リダイレクト設定について

リダイレクト

301リダイレクトとは

「リダイレクト」とは、webページの移転などによってURLが変わった場合に、前のサイトに訪問した人を新しいサイトに誘導するための処理のことをいいます。

ブログなどのwebサイトにはURLが割り振られています。

何らかの理由でドメインを変更することになった時、インターネット上のアドレスである「URL」も変更されます。

この時に古いサイトから新しいサイトへの看板を立てておかないと、以前のサイトに訪れるユーザーや検索エンジンは、迷子になってしまいます。

それを防止するために必要なのが、301リダイレクトの設定です。

 

「302リダイレクト」っていう方法もありますが、これは一時的な交通規制のようなもので、いずれ元の道に戻る前提のものです。

301リダイレクト 302リダイレクト
恒久的な移転の場合
元のサイトに戻ることはなく、旧サイトからの評価を引き継ぐことができる
一時的な移転の場合
元のサイトに戻すことが前提で、旧サイトの評価は引き継がれない

なので、完全にサイトが移転するような場合は301リダイレクトの設定が必要になります。

 

301リダイレクトは「SEO対策」でもある

作りたてのサイトでなければ、それまでそのサイトを利用していた人たちがいるはずです。

リダイレクトはその人達を誘導するものでもありますが、「サイトの評価」を引き継ぐためにも重要なものです。

サイトをきちんと引き継いでおかないと、SEO対策上マイナスとなる可能性があります。

 

301リダイレクトを設定しないと..
  • これまで積み上げてきた評価を引き継ぐことができない(検索順位が下がってしまう)
  • 検索エンジンが「重複コンテンツ」とみなしてしまう可能性がある

そうならないためにもきちんと設定を済ませておきましょう。

 

Xserverので設定方法について(写真で解説)

 

Xserverを利用している場合、リダイレクトの設定はとても簡単です。

画像つかってご説明しますね。

リダイレクト設定①

 

まずは、Xserverのサーバーパネルにログインします。

リダイレクト設定②

 

サーバーパネルから「サイト移転設定」を選びます。

リダイレクト設定③

 

移行前のドメイン名を選びます。

リダイレクト設定④

 

設定対象ドメインが旧ドメインになっていることを確認してから「リダイレクト設定追加」を選びます。

その後、上の段に「旧サイトページのアドレス」を入れます。

この時、ドメインまでは元から登録してあるので、それ以降の部分だけを入力します。

 

下の段、「リダイレクト先」となってる空欄には、「移行先サイトのアドレス」を入れます。

こちらは、ドメイン名も含んだアドレスの文字列をすべて入力します。

旧サイトと移行先サイトの両方のページを開いて、アドレスをコピー&ペーストで貼り付けていくと楽に処理できるかもしれません。

上段下段ともに入力できたら、「確認画面へ進む」を押します。

リダイレクト設定

 

入力内容に間違いがないか確認し、「追加する」を押します。

リダイレクト⑤

 

「リダイレクト設定の追加が完了しました。」と出ます。

これで1ページ分のリダイレクト設定が完了です。

リダイレクト設定

 

「戻る」ボタンを押します。

 

先ほどの要領で、移転前のサイトから、ページごとにURLの移転の設定をしていきます。

すべてのページを移転先のトップページにリダイレクトすることはSEO対策上推奨されません。

 

自分がユーザーだったら、そんな感じのサイトは「使いづらく」感じてしまいますよね。

使いやすさもSEO対策上とても大切ですので、ページごとに設定する方が間違いないでしょう。

 

リダイレクト設定

 

旧サイトから移転先サイトへのリダイレクト設定が完了しました。

確認のために、旧サイトの各ページにアクセスしてみましょう。

URLを確認してみて、正しく新しいサイトに飛んでいれば設定完了です。

 

いかがでしたか?

Xserverならリダイレクトの設定は難しくないですよね!

ドメイン変更後の設定をしっかり行い、ブログの実績をもらさず積み上げましょう。

おわり

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』