給料について考えてみました

アメリカドル お金・税金など

突然ですが、あなたはどのような働き方をしていますか?

ちなみに僕は会社勤めをしており、毎月決まった日にお給料をもらって生活しています。非常にありがたいことで、比較的安定した生活を送らせてもらっています。

一方で常々思っていることがあります。

それは、お給料には見えない天井があるということです。

勤め人として働く場合、はっきり言って給与水準を決めるのはその人の能力ではありません。当然ある程度は関係がありますが、能力の違いによって給料に何倍もの差が出ることはほとんどありません。僕は今の会社に入って10年以上がたちますが、同期の人間とも直属の上司とも、後輩とも、お給料には大した差はうまれていないと思います。

では、何が給与水準を決めるのかというと、それは「働く業界」が決めます。

生産性の高い業界に入ることができれば、給与水準は必然的に高くなります。

業界の生産性 × 本人の技術(知識) × 人的資産(人間関係)

が給与水準を決めることになるので、専門性とコミュニケーション能力も大切ですが、働く業界自体を間違えると、見えない低い天井に苦しむことになります。

また、自分の給与を決めることができるのは「経営者」だけという事実もあります。

僕は会計業界で働いているため、地域の中小企業に関わるお仕事をしているのですが、自分の給与を決めることができるのは社長さんだけだということを強く感じます。

「給料は一度上げるとなかなか下げられないからね。」

こんなセリフを仕事のなかで頻繁に聞きます。それに対して僕も、

「そうですよね~!利益が出たときは賞与で還元しましょう!」などと話を合わせることがよくあります。

結果、従業員同士の間には驚くほどの差がつくことはありません。平社員と部長でもせいぜい3~4倍くらいでしょうか。

じゃあどうするの?となる訳ですが、選択肢としては主に2つあって、1つは「給料アップを目指して転職をする。」もう1つは「独立を目指して副業を始める」だと考えています。

正解かどうかはわかりませんが僕は後者を選択することにしました。

会社は副業禁止ですが、とりあえず始めることにします。10,000人のうち、始める人は100人、その中で続ける人は1人と言われます。

つまり、初めただけで1/100には入れたことになります。

1度きりの人生、どんどんチャレンジしたいですね!